パソコンから社内のサーバーに入れない!試すべきこと全パターン!

新しいPCだけサーバーにアクセスできない!

今まで使いたPCでサーバーにアクセスできなくなった!

イライラしますよね。

結果からいうとほとんどの場合解決できます!

今回は全パターン紹介します。

まずはブラウザでサーバーのIPアドレスを叩いて管理画面にアクセスできるかどうかを確認。

IPアドレスの確認方法は、サーバーへのショートカットを編集するか、サーバー本体のSELECTボタンを押すと下段に表示される。(接続しているLANポートの場所によって押す回数異なる)

新しいPCだけサーバーにアクセスできない!

今まで使いたPCでサーバーにアクセスできなくなった!

イライラしますよね。

結果からいうとほとんどの場合解決できます!

今回は全パターン紹介します。

まずはブラウザでサーバーのIPアドレスを叩いて管理画面にアクセスできるかどうかを確認。

IPアドレスの確認方法は、サーバーへのショートカットを編集するか、サーバー本体のSELECTボタンを押すと下段に表示される。(接続しているLANポートの場所によって押す回数異なる)

 

管理画面にもアクセスできない

本体表示窓にエラーが出ている場合

サーバー本体に画面があるタイプなら、見てください。

見れない状況などであれば飛ばしてください。

配線の問題

「LAN1 LOST」などとサーバー本体のディスプレイに表示されている場合は、LANケーブルの抜けなど物理的な要因の場合が多い。

この場合はブラウザから管理画面にアクセスすることはできず、サーバーに対してpingも飛ばない。

サーバーの対向先のハブやルーターなどの機械に問題があったり、そちら側のLANケーブルに抜けがないかを確認する。

停電後からおかしい

baffaloなどのWi-Fiがあれば、APモードにする。

APモードでネットできるのであれば、別にルーターがあるはずなのでAPのままで大丈夫。

切り替えスイッチで選択できる方式ではなく、MODEボタンなどを押して切り替えるタイプだと、設定が飛んでしまってAutoモードなどになってしまっている場合がある。

 

LAN2、LAN4ポートにLANケーブルが接続されている

LANポートが複数ある場合のサーバーの場合。

 

LAN2、LAN4ポートは初期値ではDHCPなので、ルーターやサーバーを再起動するとIPアドレスが書き換わってしまう可能性有。

本体のセレクトボタンを数回押すと現在のIPアドレスが確認可能。

管理画面にログイン後、一般設定>ネットワークより、IPをスタティックに設定し、デスクトップ上などにあるサーバーのショートカットと同じIPに設定すれば解決する。

 

PCとサーバー直結ならアクセス可能

PCのIPアドレスを固定にして、サーバーとLANケーブルで直に接続するとアクセスできるので場合。

元々サーバーが繋がっていたハブやルーターなどの対向機器の可能性有。

対向機器の接続ポートの変更、再起動、で解決する可能性が高い。

 

管理画面にはアクセスできる

ブラウザで

http://サーバー名orサーバーIPアドレス

を入力します。

ブラウザとはインターネットを見るやつのことです。

フォルダ以前にサーバー直下にアクセス不可

Windowsの設定の問題

管理画面にアクセスできるも、Publicなどの並ぶサーバー直下にアクセスができない。(通常この階層にアクセスをしてもパスワードは求められないはずだが、入力するようにメッセージが出る)

ブラウザから管理画面にアクセスすることは可能でサーバーにpingは飛ぶ。

「ネットワークリソース」「権限を確認してください」などのエラーが出る場合

windows10であれば、PC本体の「ネットワークの場所」を「パブリックネットワーク」てはなく「プライベートネットワーク」に変更する必要がある。

 

マイクロソフトアカウントを利用している

ローカルアカウントではなく、マイクロソフトアカウントを利用している場合は、資格情報にサーバーのアイパスを登録しておかないといけないらしい。

それでもだめならローカルアカウントに切り替える。

 

パス誤り

入力しているパスが間違っている場合もあり。

\\や数字が全角になっていないかなど念のため確認。

 

管理画面は入れるのにping飛ばない

謎の現象。

Windowsアップデートを行う。

 

それでも解決しない場合、Windows復元で少し前の状態に戻す。

今まで使えていたのであれば、直るだろうという判断。

ただし、それを行うかの判断は現場の工事人やエンド。

Windowsアップデートに失敗すると起こる??

 

「SMB1.0は安全ではない」などとの警告が表示される

バージョン3.8でのみ起こる?

Windows側の設定を変更する。

<手順>

1.[スタート]-[Windows システム ツール]-[コントロール パネル] の順にクリックする。

2.[プログラム]-[プログラムと機能] の順にクリックする。

3.[Windows の機能の有効化または無効化] をクリックする。

4.「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」の「SMB 1.0/CIFS クライアント」のチェックを有効にする。

5.[OK]をクリックする。

6.[今すぐ再起動]をクリックする。

http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s30023.htm

 

アクセスできるフォルダとアクセスできないフォルダがある

「同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続は許可されません。」のエラー

Windowsから再ログインし、権限付きのフォルダを先に開けば解決する可能性が高い。

 

「ネットワークリソース」「権限を確認してください」などのエラー

「ネットワークリソース」「権限を確認してください」などのエラーが出る場合、PC起動後、初めにサーバーにアクセスしたときに入力したユーザー情報が使いまわされている可能性が高い。

アクセスするパスを変更すれば解決する場合有り。

例)

\\サーバーのIPアドレス/該当フォルダ

↑↓

\\サーバー名(NASF~~~など)/該当フォルダ

 

 

everyoneグループのアクセス権が拒否になっている

サーバーの設定の問題。

該当フォルダのアクセスできるユーザーの一覧にeveryoneがいるとまずい。

everyoneを拒否にすると他のアカウントも含めすべて入れなくなるので、一覧から削除する。

 

クイックアクセスを利用している

windows10からエクスプローラーに搭載されている「クイックアクセス」内にサーバーのフォルダが表示されていると、そのフォルダにアクセス権のあるアカウントでログインして身動きが取れなくなることがある。

クイックアクセスを右クリック>オプション>プライバシー内の2つのチェックボックスからチェック外す

 

このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバー管理者に問い合わせてください。組織のセキュリティポリシーによって非認証のゲストアクセスがブロックされているためこの共有フォルダーにアクセスできません。これらのポリシーは、ネットワーク上の安全でないデバイスや悪意のあるデバイスからPCを保護するのに役立ちます。

1.レジストリエディタ(regedit)を起動する。

2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters

を開いてAllowInsecureGuestAuthの値を0から1に変更する。

 

 

一部のPCからのみアクセス不可

0x80004005のエラー

エラーのポップアップの「詳細」をクリックして、エラー番号「0x80004005」が表示されるのであればPC本体の問題。

この場合問題のPCからでも管理画面に入れる。

Windowsアップデートを行うなどで解決する可能性はあるが、メーカーかマイクロソフトに問い合わせてもらわないとわからない。

ちなみにアレクソン以外のサーバーでもこの場合はアクセス不可。

Windowsアップデートと資格情報登録で解決した例有り。

資格情報に登録する接続先はサーバーのIPアドレスのみ。

 

Publicにアクセスする際にパスワードを求められる

上記以外の理由でパブリックフォルダにアクセスできないなら、サーバーがフォーマットされている可能性がある。

その場合、明らかにフォルダの数が少ない。(2個とか)

アレクソンからリモートでシステム設定の復元ファイルを適用する。

 

「要素が見つかりません」のエラー

ローカルからサーバー内のフォルダ、またはサーバー直下にアクセスしたときに「要素が見つかりません」とエラーが出る場合。

ネットワークが「プライベート」になっているはずなので、「パブリック」に変更する。

本来はプライベートで運用した方がトラブルが少ないのだが、なぜか発生事例有り。(2018/6/12 この時点で最新のWindowsアップデートが適用されたPCで再現)

あとからプライベートに戻しても入れたが、再起動などするとまた入れなくなるので、パブリックにしておかざるを得ない状況であった。

原因不明。

その時の状況

  • ブラウザから管理画面へはアクセス可能
  • ping飛ぶ
  • Wi-Fi・有線どちらでも発生
  • 1台のPCでのみ症状再現
  • 最新版のウィンドウズアップデート適用済(2018/6/12入電分)
  • ネットワークにはNASが表示されている
  • ネットワークからサーバークリックしても失敗
  • 直接NAS名のパス叩いても「要素が見つかりません」のエラー
  • arp -aコマンドでもサーバーは存在

 

資格情報マネージャー

どうしようもない場合に触る。

登録する場所はWindows資格情報の一番上のところ

サーバーの資格情報登録が何もない

Windows資格情報に接続先サーバーとユーザーとパスワードを登録する。

登録するパスはサーバー名かIPアドレスのみで、フォルダは指定しない。

その後、Windowsからサインアウトし、サーバーのPublic以外の場所にアクセスする。

※PCログイン後、Publicに一度もアクセスしていなければPCにログインし直す必要はない。

 

サーバーの資格情報登録に何かある

Windows資格情報の接続先サーバーとユーザーとパスワードを削除する。

※PCログイン後、Publicに一度もアクセスしていなければPCにログインし直す必要はない。

 

それでもうまくいかない

どうしてもわからないときの最後の手段。

わざと間違ったパスワードを資格情報に登録する(裏技)
  • 本当は資格情報を使わずに毎回パスワードを入力したい
  • 資格情報に何か登録しなければなぜかログインできない

などの場合に行う。

あえて間違ったパスワードを入力することで、フォルダアクセス時にパスワードの入力を求められる。

登録するパスはサーバー名かIPアドレスのみで、フォルダは指定しない

ここまでして改善しなかったパターンは今のところなし

 

IPアドレスとサーバー名の両方で登録

資格情報にIPアドレスかサーバー名のどちらかだけが登録されているのであれば、両方を登録する。

資格情報マネージャーにサーバーのIPアドレスとパスワードを両方入力することで解決した例有り。

どちらを登録すればいいのかが環境によって変わる場合がある?

登録するパスはサーバー名かIPアドレスのみで、フォルダは指定しない

これはあまり関係ないかもしれない。

あなたはその受付で満足していますか?

ご来社いただいたお客様を温かくお出迎えする、音声認識・音声合成・顔認証対応の受付電話ロボット。
カメラとセンサーで来訪者を検知して、受付業務を開始します。
既に顔認証登録されている来訪者には、よりスムーズな取次が可能です。
本機器が内線で直接担当者に取り次ぎます。

おすすめの記事