TAをPCに認識させるだけであれば繋ぐだけでOK。

ダイヤルアップする際のみ、モデム定義ファイルのインストールが必要になる。

 

今回はアレクソンのTAで実験。

RS232C接続対応OS

メーカーに確認したわけではないが、下記で実績あり。

  • windows95
  • windows98
  • windows2000
  • windowsme
  • windowsXP
  • windowsVista
  • windows7

※windows10は不可 USB接続のみのためRS232C非対応らしい

 

モデム定義ファイルの準備

CDの中のモデム定義ファイルを使う

下記モデム定義ファイル(USBでいうところのドライバ)は、おそらくCD内[INFフォルダ]にデータ同梱されている

  • windows95
  • windows98
  • windows2000
  • windowsme
  • windowsXP
  • windowsVista

※Windows7はCDにモデム定義ファイル(USBでいうところのドライバ)ない可能性有 HPからのダウンロード奨励

このうち下記4つはHPにモデム定義ファイル記載なし(CDからのみインストール可能)

  • windows95
  • windows98
  • windows2000
  • windowsme

 

HPからダウンロードする

下記モデム定義ファイル(USBでいうところのドライバ)は、HPからダウンロード可能

  • windowsXP
  • windowsVista
  • Windows7

※Windows7はCDにデータ同梱されていない可能性有

※HPに記載のない旧機種は、TD480のモデム定義ファイルで代用(bit数だけ合わせたものを落とす)

動作検証していないが理論上は動くと思う。

モデム定義ファイルのインストール

①コントロールパネル>ハードウェアとサウンド(ない場合有り)→電話とモデム

②[モデム]タブ>追加>「モデムを一覧から選択するので検出しない(D)」にチェック>次へ>ディスク使用>参照

モデム定義ファイルの場所を選んでOK

CDからであればCD内INFフォルダ配下の該当のOS名のフォルダ

HPからダウンロードした場合であれば、保存したフォルダ

③次へを選択

どのポートにインストールしますか?

と表示されるので、「選択したポート」を選び、「COM1」を選択し次へ>OKを押して終了

④コントロールパネル>デバイスマネージャ内の「モデム」を展開し、「ALEXON TA RS232C」が存在していれば成功

あなたはその受付で満足していますか?

ご来社いただいたお客様を温かくお出迎えする、音声認識・音声合成・顔認証対応の受付電話ロボット。
カメラとセンサーで来訪者を検知して、受付業務を開始します。
既に顔認証登録されている来訪者には、よりスムーズな取次が可能です。
本機器が内線で直接担当者に取り次ぎます。

おすすめの記事